MENU

lunes, 27 de marzo de 2017

What do you think of.. ¿Qué piensas de...?

sumisu to iu namae wo dou omoimasu ka
yokukikunamaeda to omoimasu
furansu ryouri ha dou omoimasu ka

nihon deha donna koto dekiru to omoimasu ka
nihon deha donna koto dekinai to omoimasu ka

amerika no daigakusei ha shumatsu ni donna koto wo shimasu ka
nihon no daigakusei ha shuuumatsu ha nanidonna koto wo shimasu ka




domingo, 26 de marzo de 2017

How to assess your relationship

As you assess your relationship, if you’re the one asking the question, listen without being defensive. If you’re the one answering, be honest without exaggeration or personal attack. Avoid using always and never in your conversation. These words can uselessly sidetrack your conversation and frustrate your spouse.

This assessment can be done all at one time or it can be done by addressing one question each week over a period of time. You decide. It’s also a good idea to take notes.

Here are the key questions you and your spouse should each ask and answer to evaluate your marriage:

How can I be a better spouse to you?Have I seemed oblivious to anything important going on in the family?What is one thing that you want or need from me?What have I done recently that really encouraged you or made you feel loved?Do I argue fairly?What do you think about the way we spend time together? How could it be better?What would be one thing you wish I would start doing? Stop doing?What do you wish I would say to you more often? Stop saying to you?In what areas of our marriage do you trust me most? The least?On a scale of 1 to 10, am I a good listener? How well do I understand you?Do you feel I support you with the kids? In front of the kids?Do I compliment you enough? Do I criticize you too much?Do you feel free to be yourself?How do you know I love you?

By the way, if your spouse says something that you don’t agree with, that’s okay. This is not a time to address and resolve contentious issues. Just let them share their thoughts and feelings without correcting them. Remember, their perception is their reality.

¿Cuánto tardan las papayas en darse?

verás frutitos en unos 15 o 20 días, la cosecha tarda, desde la siembra de 9 a 12 meses según la variedad, ahora que hay que ver si es una planta macho, hembra o hermafrodita, si es macho nunca verás papayas.

viernes, 24 de marzo de 2017



スポンサーリンク

収入を増やす方法!現代の錬金術は現実的だよ

■無から収入を増やす方法。サラリーマン・OL、自営業者、主婦、フリーター、学生。収入を生み出す資産を作る。
収入を増やす方法!現代の錬金術は現実的だよ
収入を増やす現実的な方法。



バス男「はぁ~。僕の手取り収入は少ないから、居酒屋の支払いも苦しいよ。」


バス子「私も、もっと収入を増やしたいなぁ。」


「バス子ちゃ~ん。こうなったら、仙人様に【無から収入を増やす方法】を、聞きに行ってみる?」

「仙人の教える【無から収入を増やす方法】かぁ・・・・・」






~収入を増やしたい~

1.無から収入を増やす方法

①現代の錬金術

■本当にお金もちな人のなかには、物理的には、あんまりせっせと働いていない人も、いるようです。
お金持ちは、昼間は趣味を楽しんだりジムに行ったり、夜は楽しいお店で遊んでいるイメージがあります。
海外旅行に遊びに行っている期間も長い場合があるそうです。

物理的には、せっせと働かないのに、どうして、お金もちなのでしょうか?

それは、「自分の変わりに、自分の
資産が働いてお金を稼いでくれているから」かもしれません。

ここで言う‘資産’とは、書籍/金持ち父さん貧乏父さん で言う、「毎月、自動的に収入を生み出してくれるもの」のことを言います。

例えば
賃貸用アパート
賃貸用アパートの大家さんは、自分が物理的にせっせと働かなくても、毎月家賃収入が入ってくることになります。
ですから、家賃収入を生み出す賃貸用アパートは資産なわけです。

例えば

大抵の株は年に2回、配当があるため、自分が物理的にせっせと働かなくても、株を所有していれば、年に2回、自動的に収入が入ってきます。
ですから、株は資産なわけです。

例えば
会社
会社のオーナーは、自分が物理的にせっせと働かなくても、雇っている従業員達が毎日働き生産活動を行うため、毎月、会社から収入が入ってきます。
ですから、会社オーナーにとっては、会社は資産なわけです。

例えば
本・CD
皆に読まれる本や、聞かれるCDを発売すれば、自分が物理的にせっせと働かなくても、本やCDが、ネット上や本屋で売れるたびに、その度に印税が入ってきます。
ですから、本やCDは資産なわけです。

例えば
コインランドリー
コインランドリーを所有していれば、自分が物理的にせっせと働かなくても、人々がコインランドリーを使用するたびに、売り上げが毎月入ってきます。
6月の梅雨の時期など、自分は海外で遊んでいても、たくさんの収入が入ってくるでしょう。
ですから、コインランドリーは資産なわけです。

例えば
コインロッカー
駅の構内などのコインロッカーを所有していれば、自分が物理的にせっせと働かなくても、人々がコインロッカーを使用するたびに、売り上げが毎月入ってきます。
ですから、コインロッカーも資産なわけです。


上記のような資産を所有していれば、自分が物理的にせっせと働かなくても、銀行口座にお金が流れ込んでくるため、収入には困らないことでしょう。

「自分の変わりに、自分の
資産が働いてお金を稼いでくれる」という状態を作り出せば、あとは、資産の管理を行うだけで、収入は入ってくるようになるのですね。


しかしそんなこと言われても・・と思いますよね。
不動産を買うにも株を買うにも、お金がなしし・・
本やCDの発売なんて、才能がないから無理そうだし・・
会社経営なんて、倒産するのが恐いし・・・
と、{資産の便利さ}は頭では理解できるものの、いまいち、現実味がありませんよね。


そうです。
普通は、そうなのです。
普通は、{資産の便利さ}は頭では理解できるものの、いまいち、現実味をもてないのです。

そして、ここが「収入を増やす or 増えない」の分かれ目・・とも言えるのかもしれません。

一体、どうすれば「自分の変わりにせっせと働き、収入を生み出してくれる資産」を獲得できるのでしょうか?

「そんなの知らないし、わからないよ。」と、考える前から放棄するのが普通なのですが・・頭を使うことで、お金を使わずに、無から資産を・・0から資産を創り出すことも、可能なのかもしれません。


一体、どうすれば「自分の変わりにせっせと働き、収入を生み出してくれる資産」を獲得できるのでしょうか?

この質問を自問し続け、そして答えを見つけられた人は、現代の錬金術師となり、収入をどんどん増やしていくことになるようです。

例えばパソコンでお金を稼ぐ方法によって、お金を使わずに、無から資産を・・0から資産を創り出し、その創り出された資産から、毎月あり余る額の不労所得を得ることになっている人も、日本全国にいるようです。

0から資産を創り出す方法は、他にもまだまだ、いろいろと種類がありそうです。
そして・・重要なことは、ここからです。


②資産の収入で、新たな資産を買う ~無から収入を増やす方法~
■仮に、0から資産を創り出したとします。

その資産から、毎月、あり余る額の不労所得が、銀行口座に流れ込むようになりました。

さあ、そのお金は、どのように使うでしょうか。

普通、入ってきた収入は、娯楽に消費しますよね。
外食をしたり、高級外車を買ったり、海外旅行に行ったり・・・

が、資産からの収入で、新たな資産を買うことをすれば、どんどん収入は増えていくようなのです。

‘資産’とは、「毎月、収入を生み出してくれるもの」のことを言います。

つまり、「毎月、収入を生み出してくれる資産」を無から創り出し、その資産から入ってくるお金で、新たな「毎月、収入を生み出してくれる資産」を買うわけです。

すると、「毎月、入ってくる収入」が増えますよね?資産が2つに増えたのですから。

そしてさらに、「毎月、収入を生み出してくれる2つの資産」から入ってくるお金で、新たな「毎月、収入を生み出してくれる資産」を買うのです。

すると、「毎月、入ってくる収入」が増えますよね?資産が3つに増えたのですから。

そしてさらに、「毎月、収入を生み出してくれる3つの資産」から入ってくるお金で、新たな「毎月、収入を生み出してくれる資産」を買うのです。

・・と、資産に、新たな資産を買わせることで、どんどん収入を増やしていくことが出来るようなのです。

※投資とは、「
お金の使い方の1つ」とも言えそうです。世の中には稼いだお金で{娯楽}を買う人と、{資産(株や不動産)}を買う人と、2通りの人がいるのかもしれません。関連投資(株・FX・不動産等)


上記のような方法により、資産に、新たな資産を買わせることで、「毎月、収入を生み出してくれる資産」を、何個も所有していたら、お金もちになることでしょう。

そして、元を辿ってみれば・・・・最初の資産は、無から資産を・・0から資産を創り出したわけですから、実質的には、お金を使わずに、お金をどんどん増やしていったわけです。

元金なしで、お金をどんどん増やしていったわけです。

「無から、毎月収入を生み出す資産を創り出し、資産を増やしていく。」
まさに、現在の錬金仙術です。


しかし、そんなに難しい話ではないのかもしれません。

結局、やっていることは・・・

①無から資産を創り出す ⇒ ②資産の収入で、新たな資産を買う

という単純なことだけですから、難しい話ではなさそうです。シンプルな話ですよね。

ですから、現在の錬金仙術は、そんなに難しい話ではないのかもしれません。

「無から桃を創り出し、その桃を土に植え、桃の木を育て、桃を収穫する」なんて、そのような難しい話なら、「う~む。」と悩まなければなりませんが、

①無から資産を創り出す ⇒ ②資産の収入で、新たな資産を買う

ということだけですから、難しい話ではないのかもしれません。

たったこれだけのシンプルな方法で、収入は増えていくことになるようです。

そして、世の中の{お金もち}と呼ばれている人達のなかには、国籍問わず・・

①無から資産を創り出す ⇒ ②資産の収入で、新たな資産を買う

という方法を使っている人も多いようです。


さて、最後にもう1度同じ質問を。

一体、どうすれば「自分の変わりにせっせと働き、収入を生み出してくれる資産」を、無から創り出すことが出来るでしょうか?

この質問を「そんな空想めいた話、バカらしい・・。」とバカにせず、自問し続け、そして答えを見つけられた人は、現代の錬金術師となり、収入を増やしていくことになるようです。

~追伸~
→会社員にしろ、OLにしろ、フリーターや学生にしろ、主婦にしろ・・収入を増やす方法の1つは、{副業をする}だと言えそうですね。

会社の給料は上がらないし、アルバイトの時給も低い・・となると、ネット副業や投資(株式投資や不動産投資など)をすることで収入を増やすのは現実的な方法の1つと言えそうです。

これから益々、{仕事は1つでなくていい}という時代になっていくと思われます。
好きなことを仕事(副業)にして、収入を増やしていけると良さそうですね。
詳細は、好きなことを仕事にする私の方法(ネットがあるから好きなことは現金化できるよ)にて。

また、収入を増やす方法の1つは投資ですよね。
副業は時間がかかるため、忙しいサラリーマンやOLには、現実的に難しい・厳しい場合もありますが、投資は、時間がかからないので、会社員として働きながらでも可能です。

給料とは別に、投資から、毎月、4万円とか6万円とか、収入が入ってくるなら、だいぶ助かりますよね。

金利収入のように、毎月、安定して収入が入ってくるインカムゲインへの投資は、いろいろとありますが、高利回りなのに手堅い投資として、太陽光発電への投資や、ソーシャルレンディング投資があります。

投資に詳しくないと知らないかもしれませんが、株やFXの短期売買をするより、よほど手堅い投資となると思います。

詳細は、超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)や、産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)にて。

<writer 名無き仙人>





バス男「僕も錬金仙術師になりたいなぁ~。そして収入を増やしたい。」


バス子「ふ~ん。これが収入を増やす1つの方法なのね。」


仙人「収入を増やす方法は様々じゃが、このような【現在の錬金仙術】によって増やす方法もあるのじゃよ。関連記事としては、儲かるビジネスプランの作り方!具体例(作業の時給はビジネスモデルで決まる)や、自由に好きなことして生きるコツは1つ(最初の成功が全て)もお勧めじゃよ。」

関連会社の作り方(起業家/副業者に必要な要素)
月収70万の小金持ちになる方法(収入源を堅実に積み重ねていくコツ)
副業/サイドビジネスで失敗する人の特徴4つ(サイドビジネスが成功しない人の4つの特徴)
楽してお金を稼ぐ私の方法 (労働収入→不労所得)
サラリーマンの手取り額生涯年収の計算方法(生きている間に、とにかく手取り収入額で1億6000万円を稼げばいい)
低学歴で資格なし!就職先がなくても出来る仕事は1つ(「自分で稼ぐ」という選択肢があるよ)
処世術とは?ごますり上手な人の特徴5つ(世渡り上手な男女の共通点)
昇給なし?給料が上がらない本当の理由(会社員の給与額の決まり方)




お勧め →超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)




★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他

miércoles, 22 de marzo de 2017


1.       Pronounce the words
2.       Read aloud
3.       Word and sentence dictation
4.       Finding spelling rules
5.       Filling word part table s
6.       Cutting up complex words
7.       Building complex words
8.       Choosing a correct form
9.       Matching words and definitons
10.   Discussing the meaning of phrases
11.   Drawing and labeling pictures
12.   Peer teaching
13.   Riddles
14.   Finding common meaning s
15.   Choosing the right meaning
16.   Semantic feature analysisation s
17.   Finding examples
18.   Answering questions
19.   Word detective
20.   Finding substitutes
21.   Explaning connection s
22.   Making word maps
23.   Classifying words
24.   Finding opposites
25.   Suggesting cause and effects
26.   Suggesting associons
27.   Matchin g sentence halves
28.   Putting words in order to make sentences
29.   Matching collocates
30.   Finding collocates
31.   Identifying constraints

32.   Classifying constraints 

martes, 21 de marzo de 2017

Como analizar personas

Culture Wizard Model (CW Model©)
El culture Wizard Model se caracteriza por 7 características:
• Jerarquía / igualitarismo
La forma en que las personas ven el poder y la autoridad, cuánto respeto
sienten las personas por la autoridad, si se sienten con el derecho de
expresarse y qué tan empoderadas se sienten para tomar decisiones
independientes y tomar la iniciativa.
• Enfoque grupal
Si las personas consideran que el logro y la responsabilidad se logran
mediante el esfuerzo individual o colectivo y si se identifican como
individuos o como miembros del grupo.
• Relaciones
La importancia y el tiempo dedicado a construir relaciones y desarrollar la
confianza y las relaciones de consideran como un prerrequisito para
trabajar con alguien.
• Estilos de comunicación
La forma en que las sociedades se comunican, incluido el uso de la expresión verbal
y no verbal; la cantidad de información contextual que las personas necesitan para
comprender y qué tan directa (sin rodeos) o indirectamente hablan las personas.
• Orientación al tiempo
El grado en que las personas piensan que pueden controlar el tiempo y adherirse a
horarios o si los horarios se consideran como estimaciones o fechas límite.
• Tolerancia al cambio
La percepción de cuánto el control piensa que tienen las personas sobre sus vidas y
destino y si se sienten cómodas con el cambio aceptando riesgos e innovación.
• Motivación/equilibrio entre vida-trabajo
Si las personas trabajan para vivir o viven para trabajar , si pueden alcanzar un
estatus en la sociedad al intercambiar su tiempo personal por la posibilidad de
avanzar.

a lo mucho

como se dice a lo mucho en japones